canon eos

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
canon eos

あれから7年

Category : 犬とか
7年前の今日、クラムは我が家にやって来た。

クラム

クラムは毛布が大好き。
正確には毛布に包まるのが好き。
バサッと掛けてやると身体を一周巻きつけてから眠る。
安心するらしい。


クラムは子犬の頃から心雑音を指摘されていた。
心臓の弁が悪いのではと。。
聴診の度に指摘されるのだが普段の生活にはこれといった不便はないのでつい忘れてしまう。

昨年の5月、そんなクラムに異変が。
両耳の内側の皮がペロペロ剥けはじめた。
例えるなら浜辺などで日焼けして数日後に皮膚の表面の皮がペロペロ剥ける。
そんな感じ。
しばらくして今度は耳の回りに添って毛が抜け始めた。
病院で皮膚を顕微鏡で見てもらったがこれといってなし。
皮膚細胞を病理検査へ出した。
結果は数日かかるらしい。
とりあえず抗真菌剤(塗り薬)が処方された。

数日後。
やはり真菌だった。
真菌は誰でも持っている。
犬でも人間でも、そこいら中に存在する。
その真菌が原因で皮膚病になるということは抵抗力が落ちていたり
なんらかの『要因』がある。
真菌を撃退するには根気良く抗真菌剤(塗り薬)を塗るしかない。
水虫と同じだ。

問題はその『要因』。
X線とエコー検査の結果、やはり心臓の弁が悪く血液が逆流して心臓が肥大気味だった。
そのせいで血液の循環が多少悪くなっている。
血液の逆流が多くなると全身に送られる血液量が減るため
少し運動しただけでゼィゼィと息切れを起こすようになるとのこと。
幸い、クラムはまだそこまでの症状は出ていない。

血流が悪くなれば末端に新鮮な血液が行きにくい。
耳にも症状が出てもおかしくないとのことだった。
改善策として心臓の薬を飲むことになった。

それから数カ月で耳の毛は少しづつ生えはじめ今は元に戻りました。
現在は塗り薬は塗らなくなったが心臓の薬は毎日1錠飲ませています。
ベーコン風味がするらしくクラムは喜んで飲んでくれます(笑)

定期的に検査をして様子をみています。
肥大していた心臓はほんの少し小さくなっていました。
弁を治すことは不可能なので現状を維持するしかありません。
心臓に負担をかけないためにも体重を落とすことが必須!
フードを減らして茹でた野菜を混ぜて量を増やしたダイエット作戦実践中。

元気で長生きしてもらうために飼い主も努力しないとね。

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

Calendar
07 ≪│2017/08│≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries
Recent Comments
Category
Trackbacks
Bookmark
  • わんこのことならおまかせ!
Profile

たか

Author:たか
東京都下在住。
もっと知りたい?
管理人本サイトはコチラ


   FC2ブログランキングに参加中!
   ブログランキングに参加中!
   にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
★クリックしていただけたら嬉しいです★

Mail

名前:

メール:

件名:

本文:

Counter


現在の閲覧者数 :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。