canon eos

Oishi Man

Category : 韓流ドラマ・映画
DVDで映画 『Oishi Man』 を観ました。

Oishi Man

『Oishi Man』は2009年公開の韓国映画。
主演は 『タルジャの春』 でカン・テボンを演じたイ・ミンギと日本の池脇千鶴。
韓国映画なのだが北海道紋別ロケが70%以上。
韓国の街はほんの少しだけ登場するがほとんどが雪と氷の世界だ。



ヒョンソク(イ・ミンギ)はミュージシャン。
最近は耳の不調から音程が上手くとれず歌教室の講師として働いていた。
ある日、休息を取るために本で見ただけの日本の北海道の小さな村にやってきた。
そこで明るくて突拍子ない性格の日本女性めぐみ(池脇千鶴)と出会う。
お互いに言葉もわからないが音(音楽)という共通点から二人は少しづつ近づいていく。
極寒の地で寂しく生きてきためぐみも心が次第に癒されていき
音楽から離れる為に知らない土地にやってきたはずのヒョンソクは
新しい音を発見し、また音に携わりたくなる。

お互いに共鳴し通じ合うものがあるが決して恋愛関係の物語ではない。
手を触れたりキスをしたりといった肉体的なシーンは一度も描かれない。
今時の映画では意外だ。

意外な面といえば池脇千鶴にもいえる。
お酒を飲ながらたばこをスパスパ吸うシーンが何度も出てくる。
イ・ミンギとの絡みも池脇千鶴が「たばこの火を借りる」ところから始まる。
サングラスにくわえ煙草の女性が登場した時は初めは池脇千鶴だと気付かなかったくらいだ。
それまでのイメージを一新させてくれた映画だった。

劇中では何度かヒョンソクが歌うシーンが出てくる。
全てイ・ミンギ本人が歌っている。
これが驚くほどに上手い。
もちろんタイトル曲も歌っている。
いろんな意味で「ドラマ」のイ・ミンギとは違った面が見られる作品だ。

北海道の雪原と流氷の海を背景に全体的に物静かな流れの作品。
つまらないと感じるか、何かジーンと来るものを感じるか分かれるところだと思う。

DVDにはメイキング(と呼べるのか?)が収録されている。
ずーっと同じシーンばかりだし素人が撮っているみたいで非常に見づらい。
あれはなくても良かったな(笑)

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Comment

はじめまして、rubyと申します。

この映画、韓国映画と思われぬ静けさ・・・・のある映画ですね。日本映画!のほうがマッチするかと思われます。

私は好きです^^後からジーンと深い感情がわいてくる・・・。

男女に友情があってもよいだろうと思うし、基本は同じ人間!
心の痛みも、苦しみも、言語を越えて共有できる・・・そんな可能性を感じさせてくれる物語です。

実際、韓国の歌手の方がストーリーを書き、監督がシナリオを書いたらしいので、実体験??の可能性も・・・。

それにしても、千鶴さんも、ミンギ君も上手いですね!
これほどセリフの少ない映画で、心を通わす役どころ・・・
静かな余韻を残してくれる映画でした。

rubyさん

あたしもこの映画は好きです。
派手さはないけれど心に残るものがある。
でも悲しいけれどこのてのものは日本ではウケないでしょうね。。

「タルジャの春」を見てイ・ミンギという俳優に興味を持ちました。
彼はいろいろな顔を持っていて魅力的で面白いです。
rubyさんはミンギファンなんですね。
後ほどゆっくりお邪魔させていただきます。
非公開コメント

Calendar
08 ≪│2017/09│≫ 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries
Recent Comments
Category
Trackbacks
Bookmark
  • わんこのことならおまかせ!
Profile

たか

Author:たか
東京都下在住。
もっと知りたい?
管理人本サイトはコチラ


   FC2ブログランキングに参加中!
   ブログランキングに参加中!
   にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
★クリックしていただけたら嬉しいです★

Mail

名前:

メール:

件名:

本文:

Counter


現在の閲覧者数 :