canon eos

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
canon eos

Hello ! Saitama city 10/29

Category : 浜田省吾
行ってきました。
ON THE ROAD 2011 10月29日(土)さいたまスーパーアリーナ一日目。

10月とは思えないほどの暖かさ。
快晴の埼玉です。

今日のチケットはファンクラブで取ったもの。アリーナ29列ちょい左寄り。
センターステージは近い位置にある。

隣りの席のML仲間のMさんが省吾ファンである知人の娘さんを連れてきていた。
彼女は中学2年生。両親共省吾のファンで
彼女は小さい時から省吾の曲を聴いていたそう。
今では立派な省吾のファンです。
14歳の彼女から見て両親よりもずっと年上の省吾をどう思っているのか聞いてみた。

「カッコイイです!

と嬉しいお言葉。

一番好きな曲は「19のままさ」だそう。


ここからは長いです。

お暇な時にどうぞ。



18時09分。9分遅れのスタート。
会場は鐘が鳴り響き、歓声と拍手に包まれた。
ブルーに続き、グリーンのサーチライトが会場を照らす。
スクリーンには過去のアルバムタイトルが次々に現れ、ビル群が出現し
映像が目まぐるしく変わる。

そして1曲目「ON THE ROAD」が始まった。
ツアータイトルにもなっているくらい特別な曲。
「道」ということにこだわっている。
それは「ON THE ROAD」という曲だけではなく
過去のいくつかの曲の歌詞や、ライヴに登場する映像にも度々出てくる。

3曲目「HELLO ROCK & ROLL CITY」。

「Hello~ さいたま!」

ジャンプ!ジャンプ!ととても軽快に動き回る。
埼玉の前のコンサート地である福岡から2週間と間が空いているせいか元気だ。

黒っぽいジャンパーを脱いだ省吾。

4曲目「独立記念日」。
♪止まれと言われ 歩けと言われ 転んだだけで見捨てられて♪
腕を伸ばして「STOP!」のジェスチャーをする省吾。

「今日は来てくれてありがとう。
ドラムス、埼玉が生んだスーパードラマー、小田原豊。」


ドラムの小田原さんを紹介した後、ホーンセクション3人を紹介し、ベースのミックを紹介。
省吾は奇妙なダンスをしている。

5曲目「反抗期」。
スクリーンには『ON THE ROAD '83』の映像が流れた。
街のセットに車が停車してある。
省吾は赤い袖なしTシャツに股上の深いGパン、
頭には赤いバンダナを巻き、首には長めの金のネックレスをしている。
80年代、金のネックレスは流行ったものだ。
ボタンを外したシャツの間から覗かせたり、
夏には海パンに金のネックレスの男性も多かった。
時代を感じるねー(笑)
でも、ライヴであのネックレスってどうよ?(爆)

他のバンドメンバーも映った。
当時の演奏している映像と現在の演奏している映像を並べて映し出している。
省吾ももちろんだけど、町支さんも古村さんも線が細い(笑)

「今日は2011年10月29日、土曜日。去年の今頃はコンサート準備をやっていました。
(・・・省略)3月11日をもってこのツアーは全く違う意味のツアーになりました。
(・・・省略)今日は気分をリフレッシュしてもらえるよう
スタッフもミュージシャンもBESTでいいステージにしたいと思います。」


黄色いギターを肩からかける省吾。
6曲目「光と影の季節」。

ブルーのスポットライトが小島さんに当たり紹介&ピアノ演奏。

7曲目「MY OLD 50'S GUITAR」。
何故か今一つ盛り上がりに欠けているような気が・・・。
何故だろう?
それとは対照的に省吾はマイクスタンドを持ち歩きがら
ノリノリ(←死語か?)で歌っている。

8曲目「MONEY」。
黒のギターを持っている省吾。
スクリーンに映し出される映像もモノクロだ。
♪I've got nothing nothing to lose♪
の部分で右の拳を高々と上げた。

隣りのMさんと一緒に来た14歳の彼女も

「♪愛してる愛してる・・・もっともっと~♪」

と大きな声で歌っていた。
意味わかってるのかな?(笑)

茶色のアコースティックギターに持ち替えた省吾。

「2006以来6年ぶりに帰ってきました。
初めてここで演奏したのは『My First Love』が出た時です。(省略)
今日はアルバムがありません。 よって、選曲が自由です。(省略)
次の曲は『君が人生の時』の1曲目「風を感じて」」。


9曲目「風を感じて」。
2学期からこの曲がリストに入った。
長野で聞いた時は涙がこぼれた。

「今日は長いコンサートになります。そろそろ腰掛けたらどうですか?
福ちゃんのシンセサイザーの豊かな音色を聴きながら・・・
では皆さん、大きく息を吸って瞑想しましょう。寝ないように!(笑)
ここからはスローな曲をやります。
最初に演奏する曲は『SAVE OUR SHIP』というアルバムからオリジナルヴァージョン。
2曲目は『青空の扉』から。」


黒のジャケットを羽織り、クリーム色のアコースティックギターを持っている。

11曲目「あれから二人」。
ジャーンジャーンと慣らすようにギターを弾いたかと思うといきなり歌い始めた。
え?
今回はアコースティックヴァージョンなの??
などと思いながら聴いていたら何やらステージ上が騒がしい。
小島さんの周りにスタッフが数名飛んできた。
「あれから二人」を歌いきった省吾。

「いろんなことがあります。ピアノの音が出ないことも・・・。
”束ねたくちびる”って歌っちゃったよ(笑)いかに動揺してたか(笑)
もう一度やるか。アコースティックヴァージョンだったし
”束ねたくちびる”って歌ったし(笑)
今度はピアノヴァージョンでやります。」


もう一度「あれから二人」を歌った。
いつものヴァージョンで。
不幸中の幸いとでもいうのだろうか。
2度も聴けるなんてラッキー!

「同じ曲を2回も聴いてもらいました(笑)」

ヴァイオリン7名、ビオラ3名、チェロ2名と一人づつストリングスの紹介。
音楽プロデューサーの星勝さんの登場。
星さんの振り下ろすタクトで演奏が始まった。

12曲目「PAIN」。
13曲目「BLOOD LINE~フェンスの向こうの星条旗(Instrumental)」。
14曲目「我が心のマリア(Instrumental) 」。

ヘリの音が響き、赤い回転灯がまわり何本ものサーチライトが客席を照らしだす。
細いストライプ入りの黒いシャツを着、
濃茶&薄茶のギターを持った省吾がステージに現れた。
15曲目「A NEW STYLE WAR」。

黒いコートをスタッフに着せてもらう省吾。

17曲目「詩人の鐘」。
激しくヘッドバンギングする福ちゃんがスクリーンに映っている。

「1986年、25年前、33歳。この歌を作りました。」

スクリーンにアルバム『J.BOY』のジャケット写真が映し出された。
省吾は赤&茶のギターを持っている。

「おそらく今日ここに来てくれた人は80年代半ばは学生や社会人だったと思います。
Japan as No1 とおだてられた時代で・・・(省略)
俺が思ったのは日本人が持つ謙虚さ、慎ましさ、勤勉さというのが失われている。
・・・(省略)9月11日同時多発テロ、それ以降世界は変わった。・・・(省略)
そして今年の3月11日・・・。おそらく戦後生きてきた中で最も困難な時代だと思う。
これをどう乗り越え次の世代にいい社会を残せるかまさに俺たちに問われていると思います。
25年前、自分自身に投げかけた言葉が今、違った意味で返ってきました。」


♪ Wow wowow Wow wowow Wow wowow Wow wowow ・・・ ♪

「その言葉は・・・SHOW ME YOUR WAY J.BOY。」

20曲目「J.BOY」。
これから生まれてくる子どもたちは最も困難な時代を生きていかなければならない。
これからのこの時代。
自分に何ができるだろう?
そんなことを思いながらこの曲を聴いていた。

21曲目「僕と彼女と週末に」。
スクリーンの中の砂漠に立つ省吾の後ろには2つの星がある。
地球と月だと思っていた。
でも、違う見かたをする人もいる。
あれは両方とも地球だと。
白っぽく見えるのは人間のせいで汚染された地球。
そしてもう一つは青い地球。
真相はわからないけど。。

22曲目「愛の世代の前に」が終わりメインステージが終了し全員一旦ステージから消えた。

しばらくしてスクリーンが明るくなり「SHOGO HAMADA ON THE ROAD TIME MACHINE」と男性の声。
メインステージのスクリーンに省吾の姿が映し出された。

「俺は今なぜかスウェーデンに来ています。橋の向こうはデンマークです。
今日は2010年8月30日 月曜日。もうすぐ9月になります。
東京の夏は暑かったですが・・・今年は冬季オリンピック、ワールドカップがあり・・・
デンマークでは言えませんでしたが勝ちました。」


ツアーラグランTに着替えた省吾がメインステージに登場した。
「雨上りのぶるーす」をBGMにというより省吾はずっと口づさんでいた。
スタッフに守られながらセンターステージに移動。

23曲目「ラストショー」。
あー。
また高速ワイパーかよっ。。(ガックリ・・・)

25曲目「君がいるところがMy sweet home」。
この曲が終わったところでWAVE &恒例の年代別調査。

隣りのMさんと一緒に来た14歳の彼女は10代で思いっきり手を上げたら省吾が見てくれた。
羨ましい~~~。
後で、省吾ファンの両親にメールで報告してました。

センターステージ上方のミラーボールがゆっくりと下がってきた。

27曲目「路地裏の少年」。

28曲目「家路」の間奏で省吾はメインステージに戻り最後まで歌って終了。

「アンコール!」の声でステージに現れた省吾とメンバーたち。
省吾は白っぽい生地に薄いチェックの入ったシャツを着ていた。

29曲目「日はまた昇る」。
この曲の歌詞の一部。

♪荒野に一人君は立ってる 行く道はいくつもある
だけど辿り着くべき場所は きっとただ一つだけ♪

1曲目「ON THE ROAD」とリンクしている気がする。

♪この道の彼方 約束されたはずの場所があると信じていきたい
もう一度孤独に火を付けて♪

だけど辿り着くべき場所が見つかったのか否かはわからないが
スクリーンの映像には最後に綺麗な虹が現れる。

「どうもありがとう!」

そう言って省吾はステージから消えた。

と同時に会場には「アンコール」の声。
しばらくしてバンドメンバーが現れ、音楽プロデューサーの星勝さんも現れた。
そして登場も省吾。
星さんのタクトが振られた。

30曲目「君が人生の時」。
スクリーンには星空が描かれている。。
以前はボヤ~っとした感じだったが
一等星らしき光々とした星がくっきりはっきり綺麗になっている。
以前は何個もあった流れ星は最後に2つだけ右斜め上から左斜め下に流れた。

21時55分。終了。
開演が少し遅れたのと「あれから二人」を2回演奏したのとでいつもよりも遅かった。


さぁ。
明日がこのツアー最後(実際は宮城が残っているけど)。
どうなることやら?

また明日もステッカーかな。。

明日に続く。


** 2011.10.29 さいたまスーパーアリーナ セットリスト *

01.ON THE ROAD
02.この夜に乾杯
03.HELLO ROCK&ROLL CITY
04.独立記念日
05.反抗期
06.光と影の季節
07.MY OLD 50'S GUITAR
08.MONEY
09.風を感じて
10.君の名を呼ぶ
11.あれから二人(アコギVer&ピアノVerの2テイク)
12.PAIN
13.BLOOD LINE~フェンスの向こうの星条旗(Instrumental)
14.我が心のマリア(Instrumental)

15.A NEW STAYLE WAR
16.裸の王達
17.詩人の鐘
18.THEME OF FATHER'S SON~遥かなる我家
19.RISING SUN~風の勲章
20.J.BOY
21.僕と彼女と週末に
22.愛の世代の前に

23.ラストショー
24.モノクロームの虹
25.君がいるところがMy sweet home
26.I am a father
27.路地裏の少年
28.家路

29.日はまた昇る

30.君が人生の時・・・

テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽

Comment

No title

大好きな「あれから二人」が2回も聞けて
それも、「アコスティック・ヴァージョン」笑
素敵な夜だったね。
これ読んでても鳥肌(別名、サブイボ)が出たよ。

あ、紙袋ありがとう。
とっても助かった。

そう、流れ星は最後だけになったね。
いつからだろか?
きっと、わにさんが答えてくれます。爆

はっさん

いいよねー、「あれから二人」。
名曲だわ~。
・・・って、何曲名曲があるんだ?(笑)

最近はエコの時代だから紙袋もあまりもらわなくなった。
だから急に言われて家中探しまわっちゃったよ。

わにさん。よろしく(笑)i-236

No title

わに・・・見てねぇーのか?笑


そろそろ元寿司屋の出番か?

No title

何だよー呼んだ?(笑)

俺、今回、前半1回、後半2回しか観てないから
判りませんことよv-393

逆に、いつから「詩人の鐘」で省吾が叫ぶ(遠吠えか?)様になったのか
貴方達に聞きたいですわ。

紙袋、昔オタクだったから沢山持ってるで(爆)

今読みました(笑)

コメント読む余裕がなくて。。。

静岡ではずっと流れてた流れ星が、
最後だけになったのは神戸からです。

神戸はまだ最後にいくつか流れていましたが
2個だけになったのは、いつからか?定かではありません。
前半早いうちだったような気がするけど。。。

たかさんが代々木でたくさんあったと言うなら
後半なのかなぁ~2個になったの。。。

曖昧でスイマセンm(_ _)m

ほっきー

「詩人の鐘」ではコートをズルズル引きずるわ、ブンブン振り回すわ。
初めて見た時は笑った。
雄叫びはいつからだろ?

で、なんのオタク?(笑)

waniさん

あたしのライヴメモによると
代々木では曲の後半に何個か流れ星があったのは確か。

完全に2個だけになったのはツアー後半だと思うんだけど。。

いろいろな部分が微妙に変わってるからね。
間違い探しみたい(笑)

No title

はじめまして~sumi と申します♪
・・・てヴァンスだよ~(*^^)v

突然ブログを閉じて新たに始めました(^^ゞ
で・・たかさんのブログリンクも消えちゃって・・・
探しました^^;

この日のライヴ私も行ったよ♪
200レベルとやらで・・何?これって感じでした(笑)
●●列●目しか知らなかったからね^^;


また遊びにくるね♪

sumiさん

埼玉に来るって聞いてたからなんとか連絡取りたくて
ブログ検索したんだけど出てこなくて。。。
で、以前にもらった「ポスター」の入った筒の住所があったから
そこに連絡しようと思ったけれど字が読めなかった(笑)

新しいURL教えてね!

なんで、HN変えたのかも謎なんだけど。。
非公開コメント

Calendar
07 ≪│2017/08│≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries
Recent Comments
Category
Trackbacks
Bookmark
  • わんこのことならおまかせ!
Profile

たか

Author:たか
東京都下在住。
もっと知りたい?
管理人本サイトはコチラ


   FC2ブログランキングに参加中!
   ブログランキングに参加中!
   にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
★クリックしていただけたら嬉しいです★

Mail

名前:

メール:

件名:

本文:

Counter


現在の閲覧者数 :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。