canon eos

Hello ! Michinoku city 5/20

Category : 浜田省吾
行ってきました。
ON THE ROAD 2011 5月20日(日)
宮城セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)二日目。
本来なら2011年7月に行われるライヴでしたが
3月11日の震災の影響で延期になった振替公演です。

あれから1年以上が経過し、仙台駅周辺には震災の被害跡が全く見当たりませんでした。
けれど、会場付近に来てその傷跡を見るとやっぱり思い出さずにはいられませんでした。
会場まで歩く間に歩道の亀裂補修や縁石が盛り上がり
変形していたりする箇所が何箇所かありました。
今回の会場「セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)」は震災直後は
避難所や遺体安置所として使用されていました。

そのことを決して忘れてはいけない。
そして、今こうしてライヴが楽しめることに心から感謝します。

今日のチケットは知人が一般発売で取ったもの。
東スタンドXブロック5列目。
東北のイベンター「ノースロード・ミュージック」の主催するライヴチケットは
絶対に地元住民しか取れません。
きちんと住所で当確を決めているのだと思う。
徹底している「ノースロード・ミュージック」の姿勢は素晴らしいと思います。

仙台は快晴
汗ばむ陽気でした。

仙台駅

仙台駅に到着して西口と東口を結ぶ連絡通路を歩いていると
前から茶髪のロン毛にサングラス、手にはタブレットを持っている怪しい人が歩いてきた。

あ!!

近くにいた見ず知らずの女性と目が合い

「あれ福ちゃんですよね!?」

と声をかけられた(笑)

彼女もこれから省吾のライヴに参加する一人らしい。


ここからは長いです。

お時間のある方はどうぞ。


グランディ・21は代々木第一体育館をこじんまりとしたような感じ。
ただ空調設備がよくないのか暑いのなんのって。。。
客席があれだけ暑いのだからステージ上はもっと暑いんだろうなー。

16時30分。定刻通りのスタート。
「J.BOY」のリミックスが流れスクリーンには過去のアルバムタイトルが次々に現れた。
これを見るのはさいたま以来なので約7ヵ月ぶり。
そして1曲目「ON THE ROAD」が始まった。

2曲目にチェンジする時に省吾のギターもチェンジ。

「How are you do'in ? Hello ~ みちのくシティ ~」

そうきたか!
「Hello ~ 仙台シティ 」と言わないところが省吾らしい。
仙台だけでなく東北地方全域に敬意を込めたに違いない。

でも。。
個人的に「みちのく」というとやっぱり「みちのくひとり旅」を真っ先に思い出すわけで。。
しかもフンドシ姿で歌っている山本譲二。
子供の頃に見た「ザ・ベストテン」の映像が強烈に残ってるんだよなぁ(笑)

黒っぽいジャンパーを脱いだ省吾。

4曲目「独立記念日」。
♪止まれと言われ 歩けと言われ 転んだだけで見捨てられて♪
つまずいて転ぶような仕草をする省吾。

「やぁ!今日は来てくれてどうもありがとう。
いい夜にしたいと思います。最後までよろしく!
ドラムス、小田原豊・・・・・・ホーンセクションを紹介します。大きな拍手を・・・・・。
・・・・・・ベース、美久月千春。」


5曲目「反抗期」。
スクリーンには『ON THE ROAD '83』の映像が流れた。
サビの部分では打楽器をリズミカルに叩く省吾。

黄色いギターを肩からかける省吾。

「またこんなにグランディ21スーパーアリーナに戻ってきてくれてありがとう。
たぶん8000人くらいのオーディエンスがいると思います。
一人一人困難で大変だったと察します。みんな頑張ったよね。
昨日と今日、特別なコンサートです。
ベストを尽くして楽しんでもらえるよう頑張りますので最後までよろしく!」


6曲目「悲しみは雪のように」。

サビ部分 ♪誰もが~ Wowooo ~ ♪ で腕を上げてマイクを上に向けた。

茶色いアコースティックギターに持ち替えた省吾。
バックにはベースの音が流れる。

「次の曲は1970年代の歌です。
1979年に『君が人生の時』というアルバムがあったんですがその中から1曲目。」


7曲目「風を感じて」。

長田さんのギターの音が流れると 「Come on !」 と省吾。

8曲目「Thank you」。

長田さんの紹介の後、長田さんのギターに町支さんのギターが加わりセッション。
そして町支さんが紹介され馴染みのギターイントロ。

9曲目「Money」。

「今日は長いコンサートになります。覚悟して下さい(笑)
だからこの辺で腰掛けて下さい。
前回は2005年9月17日、18日。6年半ぶりです。

例えば。

(子供):「パパ、今日青葉まつりでこすずめ踊りをするから見に来てね!」
(パパ):「いや、今日は浜田省吾の・・・・・」
(子供):「ええーーっ。。。」

大丈夫です!パパが車でブーッと行って
こすずめ踊りを見て帰って来てもまだやってます(笑)
・・・(省略)あなたたちが主役ですから自由に楽しんで下さい・・・・・
次の曲は1978年3枚目のアルバムから、
2曲目は1986年『J.BOY』から選びました。2曲続けて演奏します。」


10曲目「片想い」。
11曲目「もうひとつの土曜日」。

ピアノの音色が響いた。
今回の宮城公演からピアノ奏者が変わった。
おそらく昨日は注目の的だったことだろう。

ここで省吾がピアノ奏者の河内さんを紹介した。

「37歳、独身です。何かいい縁があったらお願いします(笑)
ちなみに、トロンボーンの清岡くんも52歳、独身です。1回失敗してます(笑)
河内くんは昨日のステージが初めてのステージ。言い換えれば初夜です(笑)
先輩たちが飛ばさないでゆっくりね!とアドバイスしてました。
無事に3時間50分頑張りました。今日はスッキリした顔で会場にやってきました(笑)」


また下ネタかい。。省吾も好きだねー(笑)
でも、省吾は知ってる?その下ネタで引いてる人がいるってこと。
みんながみんな好きなわけじゃないんだよ。
まぁ、あたしは全然かまわないけどねー(笑)

そういえば、FC会報では38歳って書いてあったけど。。
まぁ、30代には違いないか。

「この3曲は昨年の3月11日に被災された方々、場所、それ以降の日本に
哀悼の気持ちを持って演奏したいと思います。」


12曲目「PAIN」。
目の錯覚か?
スクリーーンに写った建物のシルエットがなんだか立体的に見えた。
錯覚だな。眼鏡を忘れたから。。

13曲目「BLOOD LINE~フェンスの向こうの星条旗(Instrumental)」。
14曲目「我が心のマリア(Instrumental)」。

星勝コーナーが終わると会場をサーチライトが照らしはじめた。
ヘリの音、救急車の音、車のクラクションなどが聞こえてきた。

15曲目「マイホームタウン」。
スクリーンには「A NEW STYLE WAR」の時に流れた映像と同じ
FLAMMABLE と書かれた2台のタンクが草原の上に配置されている。
草原の草は風に揺れている。
2台のタンクの間の遠くに町の建物のシルエットが見える。
その上では灰色の空がゆっくりと流れている。

「26年前、1986年、俺が33歳。この歌を作りました。
当時、あなたたちはいくつだったんだろう?
・・・80年代半ば、戦後40年。日本は Japan as No1 などといきまいていた。・・・
90年代、国の財政赤字は膨らみ、バブルがはじけ・・・
おそらく20歳前後だったんだと思う。
そのまま21世紀に入り瞬く間に2001年9月11日・・・。世界は全く変わってしまった。
そして2011年3月11日。これほど困難な時代にこの国が陥ったことはないと思う。
○○○さと豊かさの違いを考えなければ・・・そんなことを感じさせた2011年でした。」

 ↑
メモった自分の字があまりにも汚くて読めませんでした。。(汗)
肝心な部分なのに・・・。
覚えている人がいたら教えて下さい。

「そして、問いかけが今はもっと深くなって自分自身に帰ってきました。
♪ Wow wowow Wow wowow Wow wowow Wow wowow ・・・ ♪」

「その言葉は・・・SHOW ME YOUR WAY J.BOY。」


20曲目「J.BOY」。
♪水平線昇る太陽の中 突き抜けたい~♪
白いバックライトが眩しい太陽を思わせる。

黒いシャツに黒いベスト、黒のストールを巻いている省吾はとても暑そうだ。
ストールの胸元を何度か気にしていた。

22曲目「愛の世代の前に」が終わりメインステージが終了し
全員一旦ステージから消えた。

この時点で18時55分。
既に2時間半が経過。

10分程してメインステージのスクリーンが明るくなり省吾が映し出された。

「2011年11月14日 月曜日。セキスイハイムスーパーアリーナの中にいて
座っているのはー・・・C2列3番ですね。」


わぁ~~~っとその辺りの席の人たちが盛り上がった。

「2週間前、さいたまでファイナル。
宮城は延期で本来は7月10日に予定されていました。
その時に流すはずだったのはこれです。」


そう言うと本来ここで流れる予定だったVTRが流れた。

「今日は2010年4月9日 金曜日。ロスのグリフィスパーク天文台に来ています。
30年前『HOME BOUND』のレコーディングで訪れました。
夜、この辺りにドライブに来て夜景がきれいで。
それが「丘の上の愛」のスタートのきっかけです。」


そしてまた2011年11月14日 月曜日に
セキスイハイムスーパーアリーナの中で撮影されたVTRに戻った。

「11月14日のニュースは・・・大阪市長は誰なのか?
日本シリーズで中日が・・・・・・野田総理はTPPに参加するのか?・・・(省略)
今度こそ宮城に戻ってきて今からセンターステージで盛り上がるのが
こんなに嬉しいと思うのは感慨深いものがあります。
盛り上がっていこう。ピース!」


バンドメンバー&ツアーラグランTに着替えた省吾がメインステージに登場した。
ホーンセクションの3人の演奏をバックに
省吾とお揃いのサングラスをかけたピアノの河内さんを筆頭に
バンドメンバーが次々とセンターステージに移動。

「ブラスバンドの皆さんに大きな拍手を~」と省吾。

最後に省吾がゆっくりとセンターステージに移動した。

「ここからは君たちが主人公でリードボーカリストです。

23、24、25と3曲終わりWAVE &恒例の年代別調査。

「10歳以下!パパとママに感謝だね~(笑)」

「じゃぁ、20代!」


あり?10代は??
会場から10代~~の声があるもののどんどん進めていく省吾。

60代ではステージ上のメンバーがサッとしゃがみ町支さんだけが立っている。

そんなに60代にこだわらなくてもと思うのだが。。

「次のツアーは俺もそっちに行きます(笑)」

って、次のツアーっていつだろうか?
今のように長~~~い時間のライヴでなくて良いから、
そしてハードに動き回らなくても良いから
なるべく早くやってほしいなぁ。

客席はガヤガヤ、ブーイング。
60代の調査の後に古村さんからなにやら耳打ちされた省吾。

「わかってるって~(笑) じゃぁ、10代!」

待ってましたとばかりにあちこちで「ハ~イ」という手が上がる。

「なんで10代を飛ばしたかと言うと・・・ここからが本番です。
今日は青葉まつり。
青葉まつりとは江戸時代に始まったお祭りで一度途絶えてしまったけれど
伊達正宗公没後350年を迎えた年に復活。すずめ踊り、みんな踊れる?」


仙台の青葉まつりではすずめ踊りというのがあって
地元の人はみんな知っている・・・らしいのだが。。

「イメージとしては「青森のはねこ」と「徳島の阿波踊り」を足したような踊りです。」

と言われても、全く想像つかないんですけどー。。

「じゃぁ、いくよ!」

メンバーですずめ踊りの曲演奏(お囃子)が始まった。

会場のほとんどの人が踊れません(笑)

そりゃ、無理だぜ~~~~~。

30秒ほどで音楽はストップ。

誰かが踊りのレクチャーでもしてくれないとね。。
省吾は地元市民は誰もが知っていると思っていたみたいだけれど
実際に地元の人のライヴ参加者が少なかったのか?
それともそれほど地元市民でも知られていなかったのか?
真相はわかりませんが完全な企画倒れ。。

東京の人間がみんな「東京音頭」を踊れるか?って言ったら
踊れないのと同じだよねー。

福ちゃんがYouTubeから探してきてみんなで1時間半かけて練習したそうです。
少しでも地元の人が喜ぶことをみんなでしたいという
省吾たちのささやかなプレゼントだったんだな、きっと。
朝、仙台駅でタブレットを持った福ちゃんとすれ違ったけれど
もしかしてこのプレゼントと関係があったのかなぁ?
すずめ踊りのリサーチに来たとか?(笑)

でも、結果。見事な企画倒れとなってしまいました。

でも、あたしの右隣りの人はすずめ踊りの曲(お囃子)が始まった途端
「おおーーっ!」と歓喜の声を上げていたので喜んでくれたと思います。

充分、意味はあったと思うよ。

ちなみに、60代以上の方々の年齢調査もやっておりません。
前はやってたよね?60代以上って。

10代を飛ばしたのも意図的だったのか単なるミスなのか?

26、27と2曲終わった後、省吾にバンドのメンバーが一人一人紹介されながら
メインステージへと戻って行った。

センターステージには省吾とピアノの河内さんだけが残された。

一瞬の静寂。
聴き慣れたピアノのイントロが流れた。

28曲目「家路」。
おそらくほとんどの人が緊張と期待の混じった気持ちで見ていたに違いない。
その雰囲気は奏者本人にも否が応でも伝わったことだろう。

「家路」が終了し全員ステージの袖へと消えて行った。
アンコールの声が会場に響き再び全員ステージに現れた。
省吾は白っぽい生地に薄いチェックの入ったシャツに着替えていた。

29曲目「日はまた昇る」。
♪河を渡り~ 谷間をぬって~♪
この部分の歌詞が飛びました。
飛んだというか省吾は歌っていなかった。
これも意図的?それともど忘れ?

「どうもありがとう!」

そう言って省吾はステージから消えた。

しばらくして再度バンドメンバーが現れ、音楽プロデューサーの星勝さんも現れた。
そして省吾も登場。

30曲目「君が人生の時」。

最後の曲が終わり拍手の中、みんなステージ袖へ消えて行った。

20時20分。終了。
3時間50分の長い長いライヴでした。


冒頭でも書いたけれど今回の会場「セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)」は
震災直後は避難所や遺体安置所として使用されてた場所。
ステージを見ながら時折そのことが頭に浮かんでしまった。
けれど、省吾はあえてそのことには触れなかったし、もちろん黙祷もしなかった。
でも、MCでの一つ一つの言葉にあの出来事にどれだけ胸を痛めたか
そして今もどれだけ気に止めているかが伝わってきた。
その思いはきっと届いたはずだ。


一週間後はさいたまスーパーアリーナのライヴ。
“The Last Weekend” の後に「東日本大震災・被災地復興支援コンサート」という
タイトルも付いている。
どんなSPECIALな顔を見せてくれるのか?
楽しみだ。


** 2012.5.20 セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)セットリスト *

01.ON THE ROAD
02.この夜に乾杯
03.HELLO ROCK&ROLL CITY
04.独立記念日
05.反抗期
06.悲しみは雪のように
07.風を感じて
08.Thank you
09.MONEY
10.片想い
11.もうひとつの土曜日
12.PAIN
13.BLOOD LINE~フェンスの向こうの星条旗(Instrumental)
14.我が心のマリア(Instrumental)

15.マイホームタウン
16.裸の王達
17.詩人の鐘
18.THEME OF FATHER'S SON~遥かなる我家
19.RISING SUN~風の勲章
20.J.BOY
21.僕と彼女と週末に
22.愛の世代の前に

23.光と影の季節
24.モノクロームの虹
25.君がいるところがMy sweet home
26.I am a father
27.路地裏の少年
28.家路

29.日はまた昇る

30.君が人生の時・・・


テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽

Comment

日はまた昇る

歌詞が出てこなかったときに、
胸がいっぱいでないているのか?と表情をじっとみたんだけど
そうでもなさそう。
じっと前をみて、微動だせず。
歌詞を忘れてたにしてもあの姿勢はすごい・・・。

saraiさん

微動だにしないというのは、固まってしまったということなのか?

あの部分であえて歌詞をわざわざ歌わない理由がわからないし
やっぱり忘れてしまったんだろうな・・・。
非公開コメント

Calendar
05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries
Recent Comments
Category
Trackbacks
Bookmark
  • わんこのことならおまかせ!
Profile

たか

Author:たか
東京都下在住。
もっと知りたい?
管理人本サイトはコチラ


   FC2ブログランキングに参加中!
   ブログランキングに参加中!
   にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
★クリックしていただけたら嬉しいです★

Mail

名前:

メール:

件名:

本文:

Counter


現在の閲覧者数 :