canon eos

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
canon eos

劇場版・臨場

Category : ドラマ・映画
「劇場版・臨場」 を観てきました。

劇場版・臨場

吉祥寺で死者4名、重軽傷者15名という凄惨な無差別通り魔事件が発生した。
現行犯逮捕された波多野(柄本佑)は精神鑑定の結果、心神喪失とされ
刑法39条が適用され無罪となる。
その事件から2年後、弁護士の刺殺体が発見され、
さらにその2日後、精神科医が殺された。
この2人は2年前の無差別通り魔事件の犯人を無罪に導いた弁護士と
精神鑑定をした精神科医だった。
無差別通り魔事件の遺族による犯行なのか?
しかし、検視官倉石(内野聖陽)は死体の死亡推定時刻を欺くために
細工がされていることに気づく。
遺族の中には医学的知識を持つ者などいない。
死者の声を拾い尽くすという信念に基づき検視上の不審点を徹底的に調べていく。
遺体はどんな真実を語りかけているのか?


「臨場」はドラマ第1シリーズ・第2シリーズ共全て見ていました。
笑えるシーンは全くなく、最後はなんともやりきれない気持ちになってしまう。
真面目で人間臭いドラマ。

この「臨場」は刑事ものだけれど犯人が誰なのか?
ということは二の次。
もちろん、犯人も逮捕されるわけだが注目すべきは
亡くなった人の無念や真実など遺体からどれだけのことを拾えるか。
そこにどんな思いが込められているのか。
そういったドラマだ。

検視官である主人公の倉石は「死者の声を根こそぎ拾ってやる」
という信念を持っている。
信念のためなら上司の命令も無視する組織にはそぐわない男。
妻を通り魔事件で殺されたという忘れられない過去を背負って生きている。
それゆえに被害者の痛みもわかっているわけだ。
ちょっと傲慢なところもあるけれどとても人間らしい人間。
自宅ではたくさんの鉢植え植物、野菜、金魚を育てている優しい面もある。

初めは同じくテレビ朝日の内野さん主演のドラマ「ゴンゾウ」か?
と思ったけれど全く違ったキャラクターで「臨場」の倉石役はハマリ役だと思う。
男臭さというのか。ピッタリだ。

劇場版のストーリーは冒頭から生々しいほどの迫力だ。
思わず目を背けたくなる。。
検視のシーンも日本のドラマでは見られないような仕上がり。
たぶん、どちらもテレビならOUT!
劇場版だからこそ描けるのだろう。

罪を犯せば裁かれる。
有罪か?無罪か?
裁くのは人。
それが冤罪かもしれない。
裁くのは人。
納得のいかない裁きにまた人が制裁をくだす。

テーマはとても重い。
人が人を裁くということ。


最後は。

倉石はどうなってしまうんだろう?

そんな疑問で終わる。

これ以上はネタバレになるので書かないけれど。。

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

Comment

非公開コメント

Calendar
07 ≪│2017/08│≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries
Recent Comments
Category
Trackbacks
Bookmark
  • わんこのことならおまかせ!
Profile

たか

Author:たか
東京都下在住。
もっと知りたい?
管理人本サイトはコチラ


   FC2ブログランキングに参加中!
   ブログランキングに参加中!
   にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
★クリックしていただけたら嬉しいです★

Mail

名前:

メール:

件名:

本文:

Counter


現在の閲覧者数 :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。