canon eos

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
canon eos

氷室京介 25thAnniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY -NAKED- FINAL DESTINATION

Category : 音楽
横浜スタジアムに行ってきました。

氷室京介 横浜スタジアム 7/20

ホールクラスでやってたツアーだけどチケ入手困難で結局ファイナル。

つい先日、耳の不調で引退という情報が流れたばかり。
氷室さんのライヴ参加はこのライヴが本当にファイナルになってしもうのかも。。



氷室京介 25thAnniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY -NAKED- FINAL DESTINATION

開演時刻の5分過ぎ17時05分。
スクリーンにスライドショーが流れ始めた。
ソロ25年の軌跡。
ライヴステージ写真の合間に時々、プライベート写真が映し出された。
幼い頃の写真や、少年時代の写真、学芸会のような小学生くらいの写真、
寺院をバックにした修学旅行のスナップなど。
そして、バックステージらしき場所で撮った子供と一緒の写真。
氷室さんの曲をバックに約30分のスライドショーが終わった。

いよいよライヴスタートか!
と思いきや、なかなか始まる様子がない。
あり?

前日のライヴのリハーサル中に雨に濡れたステージで転倒し胸を打ち
医者から痛み止めを処方されたと聞いていた。
その影響なのかも?

そんなこんなで30分くらいが過ぎたところでステージの後ろに
黒いワンボックスカーが到着したのが見えた。
客席から歓声が上がった。

18時10分。
ようやくライヴスタート。

黒のタンクトップにスパンコールの付いた黒いジャケット、黒のパンツ。
全身黒で身を包んだ氷室さん。
1曲目からスタジアム全体ヒートアップ。

「1stアルバムの曲で回りとうまく融合できず、そんな内容で・・・
あの時期の自分じゃなきゃ書けなかった曲。」


7曲目「DEAR ALGERNON」。

わたし自身1stアルバムの中でも印象深い曲だ。
当時この曲の影響でダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」を読み、
この作品の舞台も見に行った。

「ちょうどシングルをリリースするタイミングで子供が授かり
「ANGEL」の時に1番目の男の子、「.SUMMER GAME」の時に2番目、
「魂を抱いてくれ」の時は3番目がかみさんのお腹にいて。
普段仕事場に家族は連れて行かないんだけどこの曲のレコーディングの時は
スタジオに連れて来た。・・・俺は喉は強いほうなんで8時間くらいを3日間。
歌えば歌うほど納得がいかなくて今まで録ったやつ全部消してくれ!
と言ったらエンジニアとケンカになった。
かみさんは一番初めのが良かったんじゃないの?とか言って・・・。」


「25年間やってきて本当に良かったと思うのは
こんなにたくさんの連中が声援を贈ってくれること。
俺みたいにたいしたことのない人間が命懸けでやってこれたのは
みんなの気持ちが俺を支えてくれたから・・・
頭のファンキーな奴に実家に火を付けられたり、ちょっと落ち込んだ時期もあったけど・・・
いろいろあるけどやっぱり俺の人生はパーフェクトだなと思った。」


ちょうどこの日は山下公園沖合で花火が打ち上げられていて
時々ステージ後方の夜空には花火が華やかに上がっていた。
ライヴも終盤にささしかかった頃から、花火よりも遠くの夜空に
雷らしき閃光が見え始めた。
だんだんと怪しい雲行き。。

会場全体が腕を振り上げての20曲目「WILD ROMANCE」で本ステージ終了。

しばらくして赤いシャツを羽織った氷室さんがステージに戻って来た。
黒と赤。
恐ろしく似合う。
カッコいー!

アンコールスタート。
けれど雷鳴と共にステージ後ろに稲光が。
氷室さんの曲を聞きながらも気が気じゃない。
そしてポツポツと雨粒が落ちてきた。

アンコール2曲を歌ったところで一時中断となった。
スタジアムの近くに落雷があったらしい。
雨もひどくなってきた。
場内アナウンスの誘導で一旦コンコースに避難した。
蒸し暑いぎゅうぎゅう詰めの満員電車のような状態で待つこと1時間弱。
ライヴ再開の場内アナウンスが流れ再び自分の席へと戻った。
けっこう雨は降っていたものの雷は遠ざかった様子。
レインコートを着たままステージを見つめていると氷室さんがステージに戻って来た。

「最終日なんで完璧にしたいって思ってたけど昨日のリハーサルで
雨で滑って転んでケガをして。骨が折れてるって・・・。
で、この演出・・・。(落雷で一時中断したこと)」


参ったね。と言った表情。

「この曲は何百回も歌ってきたけど命懸けで歌いたいと思います。」

「ANGEL」を熱唱。
客席も大合唱。

「リベンジを必ずどこかで約束します。」

そう言って歓声の中、ステージから消えていった。

肋骨が折れた状態で歌うことなんて普通なら出来ないよね?
歌っている時はとても肋骨が折れているとは思わせない歌いっぷりだった。
確かに声はあまり出てなかった。。
歌う時は終始、左中指でイヤモニを押さえていた。
ずいぶん前からやけにイヤモニを気にしていたけれどそんな深刻な問題だったとは・・・。

リベンジ参加出来たら良いなー。

氷室京介 25thAnniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY -NAKED- FINAL DESTINATION

◆セットリスト◆

01. WARRIORS
02. PARACHUTE
03. WILD AT NIGHT
04. GIRLS BE GLAMOROUS
05. CALLING
06. 眠りこむ前に
07. DEAR ALGERNON
08. たどりついたらいつも雨ふり
09. ONE LIFE
10. BANG THE BEAT
11. Doppelgänger
12. NATIVE STRANGER
13. 魂を抱いてくれ
14. IF YOU WANT
15. ROCK’N’ROLL SUICIDE
16. WEEKEND SHUFFLE
17. IN THE NUDE
18. LOVE&GAME
19. DRIVE
20. WILD ROMANCE

ENCORE1
21. NORTH OF EDEN
22. THE SUN ALSO RISES
ENCORE2
23. ANGEL

テーマ : 氷室京介
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

Calendar
07 ≪│2017/08│≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries
Recent Comments
Category
Trackbacks
Bookmark
  • わんこのことならおまかせ!
Profile

たか

Author:たか
東京都下在住。
もっと知りたい?
管理人本サイトはコチラ


   FC2ブログランキングに参加中!
   ブログランキングに参加中!
   にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
★クリックしていただけたら嬉しいです★

Mail

名前:

メール:

件名:

本文:

Counter


現在の閲覧者数 :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。