canon eos

Hello ! Saitama city 12/11

Category : 浜田省吾
行ってきました。
ON THE ROAD 2016 12月11日(日)さいたまスーパーアリーナ二日目。

'Journey of a Songwriter' since 1976

会場入り口でチケットを引き換えて目を疑った。
なんとアリーナ2列目!
嘘のよう出来事で心臓がドキドキしながら会場に入り席を探してさらに驚いた。
ステージに向かって右寄りのためなのか1列目は存在せず実際は1列目だったのだ。
何度も何度も自分のチケットと座席に表示されている番号を照らし合わせてしまった。

この日は撮影機材が入っていた。
目の前は柵だがその向こう側にSCORPIO CRANEと書かれた
でっかいクレーンがあった。
その先端にはカメラが取り付けられている。
その他にもレールの上に設置されたカメラやいろいろなカメラが数台スタンバイしていた。

こんな前じゃ冷静になんて観れない。
弾けないわけにいかないでしょ~?
ましてメモなんて取れない。
というわけで、この日はあまりメモっておりません。

17時。
定刻通りのスタート。

1曲目「路地裏の少年」。
何度も聴いたこの曲が新鮮に感じる。
近くで省吾が歌っている。

2曲目「この夜に乾杯!」。
え?
またこの流れっすか?
でも今日はこの曲さえも愛おしい。

10曲目「終りなき疾走」の後の寸劇コーナー。
駅のベンチでの省吾と町支さんの会話。

省:「新しい歌作ったんだけど聞いてくれる?」

町:「へぇ~ どんなの?聞かせてよ。」

省:「まだ全部出来てないけどこんな感じ。」

♪  カーテンコール ステージライト ざわめき 今でも 火照る身体 ♪

11曲目「Midnight Blue Train」。
大合唱。

赤いライトが町支さんを照らした。

「長年の友人であり良き音楽仲間です。町支寛二~。」

12曲目「愛の世代の前に」。
このギターのイントロを聴くと体が熱くなる。
思い入れの深い特別な曲。
両サイドのスクリーンにはヘビーな映像が映し出されている。
省吾も張り切り感半端ない。
マクスタンドを持ってくるくる回って熱唱。
最後は両手でマイクスタンドを重量挙げのように持ち上げた。

ここでしばし休憩。

18時24分。
後半戦のスタート。

木の椅子に座った省吾がせり上がってきた。
昨日と同じくバラードを3曲演奏。

13曲目「星の指輪」。
14曲目「丘の上の愛」。
15曲目「もうひとつの土曜日」。

「ゆっくり座っててね。のんびりやるんで。
今日は撮影機材が入っていて見づらい位置もあると思います。
素晴らしい映像を撮ってくださるとは思うけれど
皆さんに協力してもらわなければなりません。
(省略)小学生から高校生まででおそらく20枚くらいしか写真がない。
(省略)カメラ嫌いでカメラ反抗期・・・中学校の卒業アルバムは顔を黒く塗っている。
縁起が悪いと怒られました。
今日は撮影が入っているので皆さんと思い出づくりをしたいと思います。
靴箱に譜面を書きました(笑)」


白い空き箱の裏に書いたらしくみんなに見せる省吾。

「3回も転調するクリスマスソングです。一番難しい曲を選びました。
17,000人くらいいるけれど30人くらいのライブハウスだと思って下さい。
上手くとれたらライヴ映像でボーナストラックで入るかも。確率は70%くらい。
タイトルは「永遠の恋人」です。どんな歌か知ってますか?

♪  夢の中 恋人が 僕の名を呼ぶ~ 少し寂しそうな 眩しい笑顔~♪

Keyを悩みました。男性にとっては低くて女性にとっては高いです。
ファルセットにするとか工夫して歌ってください。」


省吾のギター弾き語り&コーラス中嶋さん&客席17,000人で大合唱。
take1,take2と2回録った。

「一ヶ所間違いました。まっ、いっか!どうもありがとう。」

新しいアルバムから続けて4曲。
21曲目「夜はこれから」。
「Are you ready ? Dance everybody !」

ダメだ。。
最前列といえどもこのノリはやっぱ無理。。

「一緒に「永遠の恋人」を歌ったし良い思い出が作れました。
広島だったかな。暴風雨の中、視界が悪くてトラックが田んぼに入っちゃった。
クレーンで吊り上げたら真ん中から折れて・・・
地元のアマチュアの人に楽器を借りてやった。
モノクロのホールツアーでは佐渡島の前日に砂浜でバーベキューをして
日本海の向こうに大きな綺麗な虹がでた。なんか祝福されたような気がした。
大ピンチでは町支くんが脳腫瘍の手術をして彼が復帰するのを祈ってました。
今ではこんなに元気です。
1999年の夏、キロロ野外コンサートに行く時に飛行機がハイジャックに合い
クルーの人たちに助けられ無事やれた・・(省略)
こうしてやれるのはスタッフ、ミュージシャンのみんなのおかげです。
誰よりも感謝したいのはあなたです。ありがとう。」


ピアノのイントロが響いた。
22曲目「ON THE ROAD」。
23曲目「J.BOY」。
この2曲はハズせないというかハズしてほしくない曲。
気になるのはサビの部分での腕の上げかた。
あれって元々は拳を高く揚げてなかったっけ?
いつから人差し指1本立てた「1番」みたいな形になったんだ?
中には人差し指と親指で「J」とかいうのもあるらしいがそれじゃ「L」だろうがっ!
個人的にそこはこだわっているので回りと違っていてもそこは譲れません。

19時59分。
「J.BOY」を歌い終わるとステージ袖に消えて行った。
続いてメンバーも消えていった。
スクリーンには朝日(夕日か?)が輝き波の音が聞こえている。

しばらくするとさっきと同じ服装の省吾が戻って来た。

24~26曲目「アジアの風」3部作。
26曲目「祈り」の最後は町支さんが指揮者のように手を振り全体をまとめた。

27曲目「誓い」。
省吾の足元がスモークで白く煙っていく。
「アジアの風」3部作はともかくとして、この曲はなかなか良い。
既にお腹がいっぱいでもデザートのように聞ける。
映像も初めは雪がちらつき寒々としているが最後は明るくなりはじめた海が広がっていく。
少しではあるけれど未来が開けていく感じがする。

拍手の中、省吾はまた袖に消えて行き、しばらくして再々登場した。

28曲目「こんな夜は I miss you 」。
省吾は歌詞を間違えた。
♪テレビのナイトムービー♪を♪ホテルのナイトムービー♪と歌った。

29曲目、30曲目を大盛り上がりで歌い省吾は袖へ。

再々々登場。

「アンコールどうもありがとう。再会の時を心から楽しみにしています。」

31曲目「家路」。
20時50分終了。


「永遠の恋人」をのぞいて昨日と全く同じセットリストだった。
昨日は今日の撮影のためのゲネプロみたいなものだったのか?
目の前で動くカメラを見たら撮影がどれほど大変なものかがよくわかる。
おそらく撮る位置やタイミングやその他もろもろ全てが予め決められていて
それに従って進行しているに違いない。
一つのカメラに3人の人が関わっている。
体力もいるし重労働そうだ。
撮影お疲れさまでした。
素敵な映像が撮れていますように。。

あたしの「ON THE ROAD 2016」はこれで終わり。
次に省吾に会えるのはいつかなぁ?


さて、今回のアリーナ2列目チケットは一般販売のもの。
知人が初めてチケットサイトに登録して運良く獲得したものです。
FC先行チケットの席の悪さには意見が多数ある。
私も主人もFC先行はどちらもアリーナ席だったので今回は運が良かったと思う。
FCなのに400レベル500レベル。いい加減にしてくれ!という話をたくさん聞く。
2011ツアーの時にあたしもFCで400レベルだった。
お金を払ってFC会員になっているのにこの仕打ち?
と思うのはあたしも一緒。
入会時にチケットを約束するものではない・・・うんぬんのことが書かれていたので
それを言われればそれまでなのだがそれでもやっぱり不満はある。
公平に抽選しているとは思えない。
初めての人や新しい人を優先的に操作しているように感じる。
FC会員をちょっとないがしろにしがちだな。
AFTER SHOWは良い意見、感想ばかりが掲載されていて
悪いことは取り上げられない気がする。
臭いものには蓋をしろみたいな。
あたしたちは浜田省吾教の信者でもなんでもない。
省吾(ロースカ)がやっていること全てを笑顔で受け入れるほど寛大じゃないんだよね。


** 2016.12.11 さいたまスーパーアリーナ セットリスト *

01.路地裏の少年
02.この夜に乾杯!
03.モダンガール
04.ラストショー
05.AMERICA
06.EDGE OF THE KNIFE
07.DJお願い!
08.バックシート・ラブ
09.今夜こそ
10.終わりなき疾走
11.Midnight Blue Train
12.愛の世代の前に

13.星の指輪
14.丘の上の愛
15・もうひとつの土曜日
16・永遠の恋人
17.マグノリアの小径
18.光の糸
19.旅するソングライター
20.きっと明日
21.夜はこれから
22.ON THE ROAD
23.J.BOY

24.アジアの風 青空 祈り part-1 風
25.アジアの風 青空 祈り part-2 青空
26.アジアの風 青空 祈り part-3 祈り
27.誓い

28.こんな夜は I miss you
29.光と影の季節
30.I am a father

31.家路

テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

Calendar
04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries
Recent Comments
Category
Trackbacks
Bookmark
  • わんこのことならおまかせ!
Profile

たか

Author:たか
東京都下在住。
もっと知りたい?
管理人本サイトはコチラ


   FC2ブログランキングに参加中!
   ブログランキングに参加中!
   にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
★クリックしていただけたら嬉しいです★

Mail

名前:

メール:

件名:

本文:

Counter


現在の閲覧者数 :